同窓生の今

33期大塚医師が市立病院に開設される神経内科を担当

2015.11.06up
市立室蘭総合病院に神経内科が開設されます。担当するのは岩手からUターンで室蘭に戻る決断をした本高卒業生(33期)の大塚千久美医師です。しびれ・めまい・頭痛・物忘れなどの症状が気になったら気軽に受診して欲しいとの事です。外来受付は毎週木曜日午前8時から午前11時30分までとの事ですが、詳しくは市立病院までお問い合わせをお願いします。


(室蘭民報 11月1日付朝刊より)

コメントする


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)