お知らせ

OBもOGもみんな活躍していますので一気にご紹介!!
 
 3月末で本室蘭中学校校長を定年退職した前田さん(29期)が紹介されました。また、前田さんのお母様が以前「白鳥会会報23号」へ寄稿されていましたので併せてご紹介。
 
 大川原さんの寄贈により開設された「大川原文庫」は大いに利用されているとのこと。
 
 お供物の「もったいない」をなくすため共同募金会(会長 長谷川さん18期)となかよし食堂(代表 黒光さん18期)がタッグを組んで取り組み開始。
 
 地域おこし協力隊で活躍し、任期満了を迎えた佐藤さん(51期)も紹介されています。

 また、この春室蘭栄高校から現役生3名が医学部に合格!

卒業生は地域で国内で大活躍です!

※白鳥会ホームページの「歴代発行誌」のバナー(ボタン)をクリックすると「白鳥会会報」「栄髙新聞」などのバックナンバーがご覧いただけます。一度のぞいてみませんか?


(室蘭民報より)



(白鳥会会報アーカイブより)



(室蘭民報より)



(室蘭民報より)



(室蘭民報より)



(室蘭民報より)
4月8日本校体育館にて全日制の「第74回北海道室蘭栄高等学校入学式」が行われました。
コロナ感染症拡大防止のため式は簡素化され来賓は白鳥会会長とPTA会長の二人で家族は各一人だけの出席となりました。在校生はゼロ(吹奏楽局や合唱部は無し)というものでした。そのため、白鳥会の渡邉会長より祝辞に代わって新入生へ向けてのお祝いメッセージが新入生へ配られました。(下記に「お祝いメッセージ」を掲載しますのでご一読ください)
また、定時制の入学式は4月9日に行われました。
 
新たに同窓となった皆さんを室蘭栄同窓会の白鳥会は応援しています!
頑張れ!!


※一部画像を加工しています


※一部画像を加工しています












令和3年度 新入生の皆さんへ            2021年 4月 8日
                          白鳥会会長 渡邉敏明
        入学お祝いメッセージ
 
皆さん こんにちは! 同窓会を代表して、お祝いを申し上げます。
 
始めに、ご家族の皆様へ・・。特に大切な直近の一年程が、コロナ禍で日常生活が戸惑う中、それまでと変わらずお子さんを支えてこられたご苦労に、先ずは敬意を送りたいと思います。そして、本日のお子さんの入学、おめでとうございます。
 
さて新入生の皆さん、本日は、これまでの小・中学校とは意味合いが大きく違う入学式ですが、違いは何だと思いますか?  ヒントは、つぎの童謡の歌詞にあります。
 
「運転手は君だ、車掌は・・・、後のみんなは電車のお客・・。」
 
それまでは、運転手はご家族、車掌は小学校の先生方か親戚のおにいさんやお姉さん、時には近所のおじさんやおばさん達だったかも知れません。皆さん方は、後ろの席に乗っているだけで良く、こういった周りの人たちに、安全に運んで貰って来たのです。
 
しかし、中学を卒業してからどの道に進むのか? いろいろな選択肢がある中で、進学するとしてもどこの高校で学ぶのか?・・等々。迷い、悩んだのではないですか? その中で、栄高校で勉強しよう!! と決断し、努力した結果、見事合格。勿論、ご家族や中学の先生方にも相談しつつも、最終的には自分自身で判断したから、その目標に向かって頑張る事も出来て。今ここに座っているのではないでしょうか。それが本日の入学式だと思います。
心よりお祝いを申し上げます。本当におめでとうございます。
 
これからは、皆さん一人一人が運転席に座り、自分の進む道を自分で決めて行く事になります。しかも、決断しなければならない事は、何度でもやってきます。 その時に右往左往しない為に必要な【道しるべ】は、沢山有りますが。私なりに最も大切と考える事を、本日のお祝いの言葉として、お伝えしたいと思います。
 
それは、一言でいうと、【想像力】、イマジネーション という事です。
 
 
この【想像力】を身につける具体策として、以下を推奨します。
 
まず、当たり前の事ですが、周りの人たち(家族・友人・地域の人々)と良く対話をする事。
そして、一方では仲間や社会の未来に思いを巡らしていく事、
これを立体的表現に言い換えると、自分を中心点とした「同心円の水平軸」を広げる事であり、「未来への垂直軸」を伸ばす事でもあります。この横にも縦にも拡がって作られる集合空間が、まさしく皆さん自身の独自の空間、一人一人の宇宙と考えます。
新入生のほとんどの皆さんが、酉年生まれと伺っています。この宇宙の中で、大きく羽ばたき悠々と飛び廻って、正に全体を俯瞰してください。それを続ける事が、【想像力】を育む<源>になると確信しています。
 
このことは、昨今のコロナ禍で加速されて来たオンライン化・ネット社会の中で、必要不可欠であり、これからの栄高校での学校生活は勿論のこと、その後の人生を生き抜く大きな力になる、と言っても過言ではありません。
 
因みに、この一人一人の宇宙には、皆さんがこれから栄高校で学ぶ(即ち、同窓)という共通空間も存在し、今からスタートします。この共通空間は、垂直軸が伸びて行くに連れて、潤い溢れる空間となる事は間違いありません。
 
四年前に創立100周年を祝った伝統ある栄高校の、同窓会は白鳥会と呼ばれ、札幌白鳥会・東京白鳥会・関西白鳥会と、大きな広がりになっています。三万人を超える同窓の仲間が、様々の分野で、全国・いや世界で活躍しています。(少しだけ紹介します。)
 
身近なところで、近郊の小・中・高の先生方。栄高校にも同窓の先生方が八人在籍しています。お医者さんや歯医者さんも市内に沢山おりますし、病気のデータをAIに組み込ませ最適治療法を見つけ出す医学と工学のコラボ研究の大学教授や、テレビや映画でお馴染みのヤスケンこと俳優の安田顕さんや全国居酒屋協会の会長など、多士済々です。
 
このように、様々の分野で活躍している同窓の仲間の姿は、これからの皆さんの姿にも重なります。皆さんの未来は無限の可能性に満ち溢れています。
 
【想像力】を膨らませ、自分自身の進む道を決断し、その目標に向かって挑戦してください。全国の同窓の仲間が、いつでも応援する事をお伝えして、お祝いメッセージとします。
 
 本日は誠におめでとうございます!
 
松永さん(29期)が応援団長となり多数の同窓の仲間が制作を支援した映画「モルエラニの霧の中」が室蘭劇場でついに公開されました。初日の舞台挨拶には多くの場面に出演した村田さん(25期)も登場し挨拶されました。
サツゲキはじめ全国の映画館でも公開が予定されています。地元の風景が懐かしく思い出されることと思いますので、皆さんぜひご覧ください。
詳しい公開予定は下記よりご確認ください。
公式HP:http://moruerani.com/index.html

 




※室蘭民報より
 
室蘭栄OBも多数協力して公開にこぎつけた「モルエラニの霧の中」がいよいよ4月2日から室蘭劇場、サツゲキで上映がスタートします。応援団長の松永さん(栄29期)が室蘭民報に取り上げられました。
 
また、室蘭卓球協会会長杯争奪大会が開かれ女子の部で室蘭栄の張石さんが3位入賞しました。
 
在校生も卒業生も頑張っています。

室蘭民報の記事を掲載しますのでご覧ください。


室蘭民報より


室蘭民報より

卒業生活躍中!

|2021.03.19up|
札幌市立大4年の守屋杏さん(室蘭栄高67期)が、大学の卒業制作で学部最高位に当たるデザイン学部長賞に選ばれました。卒業後は同大大学院へ進学するとのことです。
これからますます活躍されることを期待しています!



(室蘭民報より)

 

OB活躍中

|2021.03.14up|
室蘭栄同窓生の活躍紹介。
32期 藤井徹也さん、キメラ社長。室蘭の航空宇宙産業の牽引しています。

北海道新聞(3月13日)より
室蘭栄高校1年生千田麻未さんが行方不明になってから3月6日で20年になりました(2001年=平成13年)。今日の室蘭民報さんにこれまでの経緯などが掲載されました。
室蘭栄高ではいつでも復学できるように休学の扱いでいるとのことです。
室蘭警察署でも情報提供を呼び掛けています。今まで言う必要も無いと思っていたような、どんなささいなことでもかまいません。同窓生のために何か情報がありましたらご提供いただきたくよろしくお願いいたします。

今日、3月3日は本来であれば公立高校の入学試験の予定でしたが、昨日の悪天候の影響で入学試験が明日4日へ延期となりました。
受験生の皆さん、明日の入学試験では落ち着いて受験し、実力を発揮してください!


アウトドアの画像のようです






 
2021年3月1日(月)室蘭栄高校では卒業式が行われました。新型コロナ感染症予防のため例年とは異なった形での開催となりました。全日制では普通科153名理数科80名の計233名が、定時制では12名が卒業式を迎えました。コロナの影響を大きく受けた高校生活も、きっとこれからの人生の糧となるでしょう。
245名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます!
白鳥会は皆さんのこれからの生活を応援しています!

入場前の様子

卒業証書授与01

卒業証書授与02

校長式辞

来賓祝辞



新入会員入会の言葉

 
室蘭栄同窓生の活躍紹介。

同窓生が多数協力して完成した映画「モルエラニの霧の中」がいよいよ地元室蘭で公開日が決定!ディノスシネマズ室蘭にて4月2日より公開されます。皆さんぜひご覧ください!

33期 工藤秀尚さん、日本製鋼所M&Eの代表取締役社長へ。現 室蘭製作所長職も兼務し、今後もご活躍が期待されます。(北海道新聞より)


公立高校の推薦入試の状況が発表されました。
室蘭栄理数科は48人出願し40人が合格となりました。合格された皆さん、おめでとうございます!これからの3年が人生の中でも有意義な3年間となるでしょう。また、惜しくも選に漏れた皆さんはこれから普通科へチャレンジされることと思います。皆さんと同窓となることを期待しています。
全日制普通科、定時制を受験される皆さんは体調管理に気を付けて皆さんの実力を発揮できるよう頑張ってください。
白鳥会は皆さんを応援しています。頑張れ!